人類創生の謎が解けた 中編「人類は外宇宙からの移民だった」

前回は、基礎知識的に、宇宙はスピリチュアルですよ
という話をしました。

今回は、本の順番で行くかな
ティアウーバまでに行く途中で目撃した惑星の話ですね。

まぁYouTubeでも検索すると、この辺りは
配信されて居るんですよ
なので、ザット語ります。
--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-YUKAPAKU3278.jpg
デマルケ氏はティアウーバ星から訪れた
タオと言う、両性具有のETと遭遇し
見た目は女性でもある、うちの嫁さんには、髭が有る

性格は、笑みを忘れない、穏やかで聡明で女性的な人々
イースター島にある、石像のモデルに成っり、喜んでいたり^^

「あぁ 今、編集していて、気が付いた
あのモアイが被って居る帽子、ユダヤ教のアレでは無いか?」 

しかも、ティアウーバは重力が地球より少ないので
巨体である

地下世界の人々も巨体である
住んでいる環境で、外見が変化するらしいです。

様々な諸説が語られていますが真実は違う
地球と言うのは、当初は巨大な猿が住んでは居たが
人は住んではいなかった

そう、進化論がデタラメである訳だ
海洋生物から進化して、猿に成って人間に成った
等と言う話では無かった。

宇宙そのものは、大精霊によって宇宙は創造され作られた
創造した物が具現化する世界の存在

詳細は省きます。
本読んでね



まず最初に地球へ住み着いたのがケンタウルス座の方向にある
バカラティーニ星と言う惑星、時は135万年前の事であった
祖の惑星には、当初、中国系、黄色人種が暮らしており、やがて
黒人種が住み着き、暫く共に暮らして居たそうだが

幾度かの戦争が有り、放射能で汚染されてしまい
それでも、懸命に息生抜き、文明を再興させたそうです。

その頃に、問題が発生、彼らの惑星が500年で寒冷化してしまい
やがて完全に、住めなくなる事が専門家の間での判明し
外宇宙を探索できる技術持っていた

彼らは、やがて、同じカテゴリーの若い恒星系を見つけ
その恒星系が、我々が今住んでいる太陽系

ここで、もう一つの書籍
「地球人は科学的に創造された」で語られている事と
符合する点が有る

惑星と言うのは、誕生から時間が経過すると
完全に冷えた岩石惑星と成ってしまい
人が住めない惑星に成る為、定期的に移住を
繰り返さなければならない。

そして、人の住める惑星と言うのは
古典科学の学者らの言い分とは、現実は大きく異なると
言う事が分かる。

そう、無数にあるのだ
ただ、アストラル体の崇高差により
カテゴリー分けされて居る為に、住める惑星が制限されている

これは、ハッキリ言わねば、成らない
宇宙の真理であり、規則である
過ちの多いいカトリックが作ったのでもなく
愚かな政治家や科学者が決めた事ではない。





火星には身長160センチ前後のモンゴロイド系が住んでいたが
5000年後に住めなくなると、調査で判明した為

2隻の船は地球の現在のオーストラリアに位置する地域に
着陸したそうだ

陸の形状は現在と大きく異なると言う事だけ
記載しておきます。

やがて、彼らは二組に分かれ
黒人種はオーストラリアに残り、黄色人種は
現在のチペットに移動したそうです。

因みにバカラティーニ星から、多くの動物や植物が
持ち込まれたそうで、異彩を放つ
カンガルーは、この時に持ち込まれた、食用の動物だった

納得ですね

やがれ、黒人種と黄色人種の交合種がアラブ民族
タオさんの話ですと、現在のアラブ人とは違うらしい

年月は経過し、3万年後、地球に転機が訪れた
小惑星が衝突する事が判明したのである

彼らは、宇宙船で一時的に宇宙へ、避難する予定であった
だが誤算が有ったため、逃れる事が出来ず
大部分は、隕石との衝突で大破してしまった

地上は、悲惨な物で、事実上地上の生物はすべて津波で
流されてしまった。

何とか、ワープに成功した
黒人種3機、黄色人種3機、運良く残った
88951b457618641b91446e18a423fee4_s.jpg
その後、現在、幻のムー大陸と呼ばれている大陸が
この大変動で、現れ2000年後、大地震で3つに分裂した
何とか生き残った、黄色人種はムーの北西に住み着いたが

進化は差ほど進まなかったそうです。
ですが中国の方まで広まっていったと解釈






25万年前、アラモ世からの移民が訪れ

現在の中国の辺りに、降り立とうと、したら
退化して居た、中国人に攻撃され、身の安全の確保のため
仕方がなく武器の使用したそうです

殺人行為を大変嫌う程に、精神的にも進化した
彼らは、この事で悩んでいたそうです。

その時に龍伝説が作られた
「火を吐くドラゴン」と呼ばれたそうだ

光を放ち空飛ぶ乗り物の事を「龍」と呼ぶと判断できる
現在はUFOと呼ばれてますがね
龍=UFO だった(笑)

彼らは移動し、地上ではなく、月に基地を作る事にしたそうです
※この当時、月がやっと
地球軌道に捕まり、現在の位置に落ち着いた

なる程
アポロ計画の時に月に基地が有った、理由が分かりましたね
えぇ? 知らなかった?

まぁ途中までしか、記事にしてないから・・・
本を買い読んでください。

今安いですよ!

誰も信じられないのか?、値段が安い(笑)

数十年後、アレモ星の人々はムー大陸に上陸し
北西のコロニーは破壊されたと。。。。
なんだかんだと、オイオイ

この時に可愛がって居た とあるから
ペットでしょう
その名は、アルマジロ

面白いペットですね
このペットをアレモ星から輸入したそうです。

えぇ彼らは、ポルネシア系の人々の祖先だそうです。

ここで少し纏めて、この中編は終わりにしよう
最初の移民はバカラティーニ星の黒人種と黄色人種
災害で黄色人種が生き残った。

今の中国人に当る様です
その後の移民はアレモ星の人々彼らがムーに住み着いた
ポルネシア系の人

竹内文書に記されている、最初は黒人、黄の人が降臨したと
妙に符合する訳だ、結果的には降臨ではなく、移住でした

竹内文書には、文書化せずに 口伝(くでん)で伝えられ
それを聞いていた、人物が後に、竹内文書として
世に出した訳で、口伝だけに、多少変化は起きても
いたし方が無い

文書化しても聖書の様に隠蔽、書き換えと半分はデタラメに成る
難しいですね。

しかしだなぁ シュメールの粘土板
「地球人は科学的に創造された」と符合する点も
あるんだよなぁ
困った物だ

答えは聖書にありそうだ

まぁ いずれにせよ、一致すると言う事

凄いんだよ、日本はさぁ
多くの日本人は認めないが
南方の現在の天皇陛下は(日本人)正統なユダヤ系なんだよ

白人じゃないじゃん 馬鹿門
教科書は捨てなさい(笑)

白人系は、混血の偽物者じゃ

まぁアカデミズムも認めないけどね

でも真実なんだ、目を覚ませよ と言いたい

教科書に書いてないから、嘘だ
NHKで放送されたないから 嘘だ

そのNHKだって、真実を知る者から
抗議の電話が来ていると思う

いい加減真実を伝えろと

そうして、ポロリと真実を混ぜると

教科書に無い嘘を放送しないでくださいと
抗議の電話が殺到する

板挟みであろう、事は想像できる^^;

えぇ、そのユダヤの話も後編でしますので
宜しくお願い致します。

しかし、奥深く仰天の真実が次々に、分かって来て
面白いですよ! 本当の歴史はね

ではまた











この記事へのコメント

デアゴスティーニ